産み分けゼリー「ベイビーサポート」の口コミまとめ

産み分けゼリー「ベイビーサポート」の口コミをまとめています。購入前の参考になれば幸いです。

産み分けゼリー「ベイビーサポートガール」を使ったのに男の子。失敗したという口コミ

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

産み分けゼリー「ベイビーサポートガール」を使ったものの男の子で失敗したという口コミがありましたのでご紹介します。
以下、口コミです。

ここからーーーーーーーーーーーーーーーーー


以前、ヨーロッパに住んでいて向こうでは”産み分け”がかなり一般的に行われていることにびっくりしました。
日本に戻ってきて、今の主人と知り合い結婚し、男の子を妊娠しました。
その子が生まれてから2年経って、「そろそろ二人目も…」と考えだしたのですが、

主人と話し合って「二人目は女の子がいいね」と一致し、
相談を重ねた結果、産み分けにチャレンジすることにしました。

もちろん、男の子になっても愛情を注ぐことを二人で約束し、
ネットで評価の高かったベイビーサポートを購入しました。

産婦人科で処方されるピンクゼリーも考えましたが、
「湯煎が面倒」、「衛生的に不安」などの口コミがあったので辞めました。

私は生理周期がある程度安定していたので、
妊娠しやすい時期って感覚でわかると過信して、基礎体温のチェックなどは特にしていませんでした。

それで「今日くらいかな~」という時期に、
6回ほどベイビーサポートガールを使用して子作りしました。

2ヶ月後に妊娠検査薬を使用したら、見事にビンゴ!

主人と二人で喜び合い、息子にも伝えました。

ですが、その後の検診で19週、23週ともに「アレ」が見え、
先生も「ほぼ男の子でしょう」と…

期待していた分、正直がっかりで気持ちの切り替えに時間がかかりました。

ただ、主人と二人で
「ゼリーを使っても、それをかいくぐって受精したんだから、さぞかしたくましい男の子だろう」と笑って、気持ちを切り替えました。

そして生まれてきた子どもは、何の障害もなく元気に育ってくれて、
今では男の子二人でやんちゃな毎日をすごしています。

産み分けにチャレンジしたことを後悔はしていませんが、
より確率を上げるために、排卵日のチェックなどはしっかりしておけば良かったとは思っています。

引用元:http://georgedata.com/entry26.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで

効果には個人差がありますが、この口コミの方のようにベイビーサポートガールを使ったのに
男の子だったということもあると思います。逆もあるでしょうね。

排卵日のチェックなどはしっかりしておけばよかったということなので、
これからの方はチェックした方が良さそうですね。

もし産み分けに失敗したとしても大切な子供なのですから愛してあげましょうね。
その覚悟がない場合は産み分けしようとせず、自然に任せる方が幸せだと思います。

ちなみに、こんな結果のこともあるのなら産み分けゼリーって意味がないのかというとそうでもありません。

男性が一度に射精する精子は数億個だそうですが、X精子とY精子に分かれており、
X精子⇒女の子
Y精子⇒男の子
となります。

それぞれ適応できる環境に違いがあり、
X精子は酸性に強く、Y精子アルカリ性に強いです。

ベイビーサポートガールは膣内を酸性にし、
ベイビーサポートボーイは膣内をアルカリ性にします。
膣内のpH値を調整するということですね。

産みたい性別の精子の特性を利用し、その精子が生き残りやすい環境にするのが
産み分けゼリーの基本的な考え方です。

このように環境は整えられますが、あとは運なのでどうしようもないですよね(笑)

↓↓↓↓↓

【ベイビーサポート】公式ショップはこちら